工場長の考えてること

工場長の考えてることを脳みそ直だしです。

マリーと森まゆみさんのこと

『主婦マリーがしたこと』という映画は、ほぼリアルタイムで鑑賞していた。一体どこの映画館でみたのか。ル・シネマかどこか。とんと思い出せない。まだ映画の仕事をする前だったから試写会でもサンプルでもないのは間違いない。 https://allreviews.jp/revi…

世の中なにをどの程度知っていれば良いのか問題

ネットの世界では情報弱者、略して情弱という言葉が使われることがある。 知らないために騙された、とか知らないために損をした。的なことに使われることが多いようだ。 だがしかしだ。義務教育でわかることを別として、現代社会はあまりにも情報過多なもの…

選択の迷宮

選ぶのは大変だ。 ひとまず身近な食品。 コンビニやスーパーのプライベートブランドは実は有名メーカーの受託であったり、メーカーもブランドも混乱している。 売れ筋で選ばれて最適化されているはずのコンビニの棚のドリンクは店舗によって置いてあったりな…

わたしは何故セキュリティを(も)仕事にしたのか

ほとんどの仕事はITのエンタメ絡みだが、この一年半ほど、セキュリティ商品を扱って学んできた。仕事だから詳細は言えないけど何とか今年からお金になる。 さて何故わたしはセキュリティをやっているのか。 商品の特性もあるけれど、スマホであれセキュリテ…

外国人は今日も働く

元旦に中華を食べに行った。 その店が元日でもやっていることは分かっていた。昨年もそうだったから。 やたらと羊があるので東北地方出身の中国人シェフかもしれない。その店で生まれて初めて羊肉の皮の厚い餃子を食べた。 四川風の定番があるかと思えば、ウ…

新年ハオと世界の終わり

あけましておめでとうございます。みなさん、そこんとこひとつよろしくお願いします。 元日にふさわしい一文をしたためようと思ったがそもそも私はおめでたい人間ではなかった。 アタマの方はかなりおめでたいし運も悪くはないと思い込んでいるが、それはさ…

当事者性と語られることの間【社会学の一つの先へ】

自分のことを社会学徒だと思っている。 しかしながら、学校では寄り道を沢山させられた。 いまさらなら幸いと思う。が、社会学専門の教師が少なかったため国体や憲政史(それゆえに戦後史のレポートを書かなきゃいかなかった)さらに法哲学(なんでアリスト…

信用の失われた社会はどうなるのか【香港について】

記録がないとかの例の宴会の話じゃない。 香港だ。 日本で考えると「警察」は割と信用されている方だと思う。先進国とそうでない国を分けるものとして、司法が信用されているか否かということがあるとすれば多くの先進国の警察は「比較的」信用されていると…

感情史と表現

感情史が気になっている。そして何とか読み込んでいる。 性差や階層差、文化資本、使われる用語の変遷。全体にジェンダーと歴史の結いができるのではないかと感じるからだ。 感情史については無料公開されている森田直子氏の下記が概観としてよくまとまって…

無印とUNIQLOの違い(大型店にて)

特別な訳がありそうで、よく分からないがUNIQLOは買わないが無印良品は食品から何からよく買う。 よく買う=よく行くということで、近場のお店は上野かアキバか銀座ということでその三つにしばしば出かける。最近お気に入りのMUJI Labは上野マルイか銀座しか…

選挙の行方と失われかかって守るもの

2019年、11月25日現在。香港の区議会議員選挙の真っ最中である。 香港の中国返還以降、最高の投票率70%に手が届きそうであり、また民主派が圧勝しそうである。 行政長官を含め中華人民共和国に対してこの区議会選挙がどの程度民主化、あるいは現在の香港デモ…

サバイブとモバイル

もう、しばらく前のことでお忘れかもしれないが北海道のブラックアウトは本当に驚いた。 電力グリッドの脆弱性が明らかになったからである。 日頃から日常の外出にも緊急用品に転用できるものは負担にならないように入れてるつもりだが。 そして何か災害が起…

芦田愛菜という呪い

芦田愛菜さんが、なんだか日本の偉い人がアレだ。お役につくので着物を着てお話をされた。わたしは這いつくばって映画観ていたので見てないがさぞや素晴らしいご挨拶だったのでございましょうと思う。 芦田愛菜さん2019年現在15歳(以下敬称略)について語る…

壁の向こうにいた男

壁の向こうにいた男と20分ほど話した。 壁の向こうとは(わたしは直接そう言わなかったけれど)刑務所のことだ。 2人きりで20分と言っても特別な場所じゃない。タクシーの中。自宅前の不忍通りから職場までのほんの僅かな間である。 かつて仕事でそういう方…

分断と言うより軸はどこ?。。。感情論を超えて

ほぼわたしは日本の地上波を見なくて、テレビで見るニュースソースはCNNなどのアメリカ、BBCなどの欧州に偏っています。 これは単にわたしが多少なりとも英語しか出来ないことから、なのですがに日本でお金を払ってリアルタイムに合法的に鑑賞できる放送局が…

ネットで食べると言うこと

もともとの仕事からネット関係の仕事になってかなりたつ。 東京を捨てた人の話に便乗するわけではないが(してるか)、こんなに長いことネット関係の仕事をしていると感じるのは稼ぐ手段がめちゃくちゃ早い速度で変わっていると言うことである。 携帯、ネッ…

ロンドン素描1多分

仕事で行った場所は書けないのだけど。ロンドンは私用で行った。観光?なんとなく過去いた場所なので観測的に街の空気を吸いに。それほど長居はしなかった。 最後に訪れたのは震災より前でテムズの再開発はひとあたり終わっていたので8年ぶりだと思う。オリ…

最先端でも手仕事や手触りの感覚は大事だということ。

工場長です。 仕事は先端ぽいのやってます。確かに。だけれども、もう大して若くはないので。いやむしろ若い時からからかもしれないけど先端が新しいアイデアだけでは出来ないと思ってきました。 あ、イベントみたいにものすごいアナログのもありますが、あ…

表現に過度の政治や信条を投影してしまうということ

少し、米国アカデミー賞の歴史を振り返り調べました。 アカデミー賞は今でこそ政治的な意義を持つものですが、歴史的には80年代までほとんどありませんでした。きっかけはやはりレーガン政権とベトナムの傷でそれはアメリカ社会が好景気に沸き立つも忘れられ…

長い道のり

私は主義という言葉は誤訳ではないかと思ってます。 どうも、この国の人は主義がその人の属性と思い込んでるのではないかと。 反知性、知性。分断を生み出します。 人は自分が信じるものから離脱するのは大変です。私が以前書いたオープンダイアログは専門性…

ネットで争うということ、抗うということ、あるいは和解について

過去には大型掲示板、現在ではSNS。大きく分けてデマ、あるいは見解の相違。これは主に健康や安全、陰謀、アメリカではオルタナティブファクト。日本ではフェイクニュース。というものがあります。WELQや民間療法などから政治まで幅広くあります。もう一つは…

操作が簡単になることの恐ろしさ

もっと簡単になったらいいのに と操作について 例えば機械とか いろんなものとか まあ例えばこんな簡単な こういうことができます みたいなことを言うわけですけど実はあまり 感心しないところがあります 最近ネットで話題の仮想通貨ですけれども 原理がわか…

いわゆるポジティブさについて

ポジティブという言葉は 社会文脈的には単純に解釈されすぎている気がします ポジティブというのはある程度の心配をしながらも 前向きに進行する ということを 含んでいなければならないと私は考えています ポジティブさと 楽観さ などは 生きていくのにとて…

スピリチュアルのもうひとつの問題点について

いわゆる疑似科学の問題として スピリチュアルが問題視されることがたくさんあります 特に医療 あるいは金銭 そのような問題が すごくたくさん語られるわけですけれども 私は別の観点から問題を感じていますそれは多くのスピリチュアルが 非常に個人的で 自…

再びオープンダイアローグを考えることについて

とても仕事が忙しいのですけれど 合間を見てオープンダイアローグを もう一度読み直していますなぜかと言われれば これがおそらく 今インターネットで様々な分断といわれるもの に対して ある種の有効性があるのではないかと考えているからです例えば包摂と…

ブログ始めます

このブログはいいなラボ工場長が音声入力で ほとんど垂れ流しに Twitter では書けないことを 備忘的に書こうと思っているサイトです ですのでほとんどの方には役に立ちませんしま役に立たせる気もないのかもしれませんけど そういうことでひとつよろしくお願…