工場長の考えてること

工場長の考えてることを脳みそ直だしです。

感情と科学を管理した政治

政権が8年近く続いた理由をボンヤリと考えていた。

 

すごく冷徹に経済だけで見れば国力は落ちていったとしても、株高、円安、失業率の解消。新卒の求人倍率がある程度あったなど、穏やかな時代であったと見る人がいてもおかしくない。そしてそれが主因かも知れない。

見えない格差や問題を除いて、世の中は平和だったのだ。

 

わたしは今、感情史を集中的に勉強していて、しかしながら、一見無関係なこの長期政権の理由と符号するものを感じた。

 

まずは感情の管理だ。

 

もしかすると、ネットの過激な保守の言説を思いつくかも知れないがそうではない。

 

むしろ「がんばる人を冷笑する」「得ではない」という、感情の管理だ。

政権が意図して行ったかはわからない。が、一方で右派が一方で左派が過激な言説を使いすぎるにあたってすっぽりと収入や生活は置いておいて、政治的には何も発言しない「中道」が生まれた。そしてこれは上手くいっていたのではないかと思う。政治に触れるとまずい、あるいは政治への無関心は政権の安定の基礎となる。そしてそれは経済の(表面的な)穏やかさと同時に効果を発揮したのではないか?誰しも社会的に損はしたくない。

 

そして、科学の管理だった。正確に言うと学術分野において役所がかなり管理権限を持ったと言うことである。人文社会科学は無駄で、サイエンスの基礎研究も無駄で、出来るだけ成果の見えやすいものに投資というか予算配分をした。

結果として、人文科学の批評研究能力は目に見えて落ちたし、目先のサイエンスが流行した。それによって、国力が落ちるかも知れないと言う長期視点は文部科学省の行政からは抜け落ちたろう。学問は多様性の担保でもあるわけだが、それは失われた。

 

それらが政権がグランドデザインとして考えたものなのか、それとも結果的にそうなったのか、検証はしたいと思っている。noteになるか、何か分からないが結構前から資料は集めだしている。

 

宮台真司氏の言うように「感情の劣化」だけでは説明できていないと思う。そこはおそらく、ミシェルフーコーの「健康な管理社会」に通じる、「感情や科学ロジックの管理社会」というものが見えてくるのではないかと構想している。

 

そして、それが最善の形で実現できているのは中国政府だろう。今のところではあるが。

そこそこの生活とそこそこの自由で、多くの人民の感情をコントロールし、それが統治に活かされているのではないか。

自由や可能性より、ある程度の不自由を享受する世界。

COVID-19の下で見えて来た「帝国」は私にとってはだが、嫌な意味で「最大多数の最大幸福」を自由も、貧困も、格差も、なかったことにして実現されるのかも知れない。

 

 

 

焼き鳥の価値

家から5分ぐらいのところに焼き鳥屋がある。

もう、若くはないご主人とおかみさんで回している東京の下町にあるような店だ。

 

高級店ほど、ものすごく美味しいわけでもないが、良心的な価格。個人店なのでそれほど焼き鳥の種類があるわけでもない。良くて10ぐらい。串打ちをして、毎日仕込みをしていると思う。中でも新鮮度が勝負のレバーは上手い。また焼き加減がいのちの皮や手羽串もうまい。

炭火で焼き立てはことのほかうまい。

 

焼き鳥といえば、最近コンビニやチェーンのどんぶりやなどでも焼き鳥を売るようになった。基本的にはセントラルキッチンで焼きまでしたものを温めているものだろうが、費用対効果で言えば家でつまむなら充分かもしれない。

で、あるけれども。わたしにはパリッとか新鮮とかは感じない。もちろん前住の通り「焼き鳥をとりあえず食べたい」には必要十分なのだけれど。

 

ラーメンがそうだった。専門店はスタンダードなうまさより、高価格帯の「特色あるラーメン」に走っていった。その結果、多くの「普通のラーメン」東京だ言えば中華屋のシンプルな醤油、博多なら屋台のもの、は観測範囲では結構失われていった。

ラーメンで今スタンダードといえば、少し濃い目のものかもしれない。

高級ならシンプルもある。もはや食材にこだわりすぎて和食だが。

弁当屋のイートインで食べるインスタントに近いシンプルなラーメンの方が、ざっかけでかつての「東京ラーメン」に近く感じる。

 

食のスタンダードが時代によって変わってしまうのは仕方ないことだ。

ただ、その要因が単に経済的な理由だけだったら、悲しい。

少し先、多くの人々にとって「焼き鳥の味と価値」は変わるのかもしれない。工場生産焼き上げの少し時間が経って萎びたそれが「普通」になるのかも知らない。

 

それを仕方ないと思いつつ、出来るだけ職人が毎日、肉を串打ちして炭火で焼き上げる焼き鳥を寂寥感を感じづつ価値あるものとして、だけど日常のものとして、串から肉を外しもせず食べたいと思う。

 

まるで「もうすぐなくなるという紙の書物について」をまねて

「もうすぐなくなりつつある普通の焼き鳥屋というもの」を味わうのだった。

 

 

デジタルでわたしはどこまでわたしを管理できるだろう。

いやいや。ドコモ口座の件に端を発して、爆発したゆうちょ銀行やらむしろ訳が分かってない多くの方々の口座を自己確認せよ、などとたわけたことをなされておりますが。

ま、先は見えませんな。

 

それは一旦置いておいてですよ。

COVID-19で家にいる事が多くなって現金をおろす機会もかなり減って。まぁ、カードや非接触決済で大概のことをこなしてます。

何ですが、まあ幾つか気分やキャンペーンや、諸々で使い分けてると、購買した店も位置もタクシー移動も、電車も。。。まあ気がつけば利用規約範囲内で「わたしの情報」は既にコントロールなんか効かない訳ですよ。もちろん詐欺にあったら掘るだろうし、カードの不正利用とか、もちろん限度額とか予算とかは有るとしても、日々コレやってることなんて大概垂れ流しですよ。もちろん、個人が特定されない40台、男性、東京在住とかで識別ギャザリングされてる訳ですが。こんなもんいちいちオプトアウトする気すら起きない。もししたければ現金だけを使うしかないです。

お金でなくてもキャリアのWi-Fiを捕まえてしまったり、マップを使ったり、それでも情報は流れるです。

根源的にどこまでのプライバシーの基準を管理できるかというと、限りなく出来ない。

ラブホテルが現金のみ可能。ってのはむしろよいかもしらないです。

 

コンビニの監視カメラも道路のも、近所のビルに警察がつけさせてくれと言ってたのも、NシステムもETCも。まー。管理方面に使ってないという紳士協定を信用してるだけで技術的にも、理由さえあれば「たまたま犯罪の近くにいて容疑がかかった」とかで使われたりもする訳すね。

それに、どこの監視カメラがどんなタイミングで上書きされ記録が消えるかなんて、全然わかんない。

 

プライバシー権は当たり前にあるはずですよ。たとえCOVID-19下のアプリに協力しても、AppleGoogleががんばった部分だけマスキングされるだけで濃厚接触だけでなく感染する例もあるので、いる場所はクラスタが発生したら言わなきゃだよね。ってことはあるでしょう。

 

中国のひどい管理社会は性悪説に基づき運用されていて、もちろん一党独裁、悪口厳禁、政権批判もってのほか。って人間抑圧に使われてて、途方もなくけしからんですが、今、現在の日本の都市部の監視装置はそれぞれ連携してないことと、利用規約性善説に任せられていて、比較的こういうテクノロジーに詳しいと自負する自分でさえ、コントロール不可能だと思ってます。逃げ回る装備を考えられるし、それでかなりは避けられるかもしれないけど便利さを個人的に選んじゃってますよ。

 

デジタル化云々というのを大騒ぎしてるんだけど、そもそもの話として「わたしのコントロールできるプライバシー(機微)情報」の一定の社会常識は形成されてほしいし、それを解除できる方法も明確化してほしい。そうでないと無限に広がるビッグデータですらないバラバラの「情報としてのわたし」は全く私権としてコントロールを行使できないです。それにどんな手間が必要なのかすら想像できない。

 

金融事故はそもそも「与信および自己の証明」がなってなくて起きてる訳ですが、同時に「わたしの情報ここら辺で打ち止め。リセット」がないと社会一般の情報倫理頼りになったり、政府のシステム突破されたらまる裸。もあり得ますね。

 

デジタルにおける私権のありよう。何処かまでをリセットする権利。がないとこのデジタル化の「与信を提供する」は延々とどこにあるのか保管期間も分からず、自分のゴーストのようにふわふわ存在してそうで気持ち悪い。です。

 

そしてそれはもう既にある程度、実現されてますね。

ぴえん。

法空間学についてのメモランダム COVID-19下において

2020年3月からの本邦のCOVID-19状況下で、当初わたしはこの国の「公共」について検討すべきものと個人的に考えていた。

だが、それは違った。

 

感染性の強いウイルスであるため保健所の管轄となる。保健所は地方行政の所管であるため、対策の現場は地方自治体単位となる。

ここでは地方自治体への届出、許認可である店舗やサービス業は問題とならなかった。

 

しかし奇妙な法や法令の適用空間のねじれは発生した。顕著なのが東京を中心とする関東圏、大阪を中心とする関西圏である。

 

生活圏、商圏、労働圏と自治体をまたいでしまう関係が厳然と露呈し、都道府県の上位の行政単位が中央政府しかないため、実効性のある政策が実現しづらくなった。

他の幾つかの国と異なり、地方行政政府がないことで地方自治体における令の制定では適用不可能な空間が出現した。

これを「実効法の適用不可能空間」と仮に名付ける。

法社会学が議論してきた「生きられた法」とは異なり、「生きている圏」と行政単位が不一致になっていることを指す。

単なる徴税および行政サービスは居住地単位で齟齬がなかったのかもしれないが、本来「生きている圏」で行政措置、特に地方自治体では噛み合っていない。

 

中央政府の法が一律平等に施行されることは当たり前であるとしても、地方自治体単位だけで「生きていない国民」がいる以上、条例や行政命令は国民の生活空間に届かないこととなり、これは行政単位の不手際となる。

 

従前まで法学においては「法の適用範囲」については議論があっても地理や生活圏を含む「法の適用空間」については議論が少なかったように思う。

対応の良し悪しはともあれ、この場合、行政が生活圏とある程度一致している州政府を持つ他国の「法空間」は災害、医療、警察などのサービスにおいて有利に働いたのではないかと考える。

少なくとも東京周辺の一都三県という生活圏が交差する行政での各自治体の対応の違いのようなこと発生しなかったはずだ。

 

わたしは公共圏の問題としてこのような疫病の流行を考えようとしていたが、異なる移動を含めた「生きている場所」と法的に地方行政が可能な空間の齟齬がいくつかの自治体で発生し、その不可解さの方が気になった。

 

法が現実の生活圏に沿って作用可能な地理的、移動的空間について議論が必要なのではないか。

道州制地方分権といった言葉より、疫病や災害といった行政単位をまたぎ「生きられている空間」での法的作用の議論が必要に思う。

そうなればこそ、行政単位と生活への法や行政の作用が一意の効用として議論されるだけで無く、人文地理や社会学、地方行政学と交差する

「法空間」についての学の必要性が問われると考える。

 

 

 

誰がためのワイダニット

ミステリー推理小説にはワイダニット、フーダニット、ハウダニット、という言葉がある。Why done it? Who done it? How done it?

それぞれなぜ?誰が?どのように犯行に及んだのか。という意味だ。

 

トゥルーマンカポーティはミステリ作家ではないが悲惨な実際の殺人『冷血』で加害者、被害者を取材し、期せずしてノンフィクションノベルの最初の小説家となった。加害者の境遇に思いを寄せたらしく、この本はよく売れたがその後長編が書けなくなった。

 

昨年の夏、ひどい殺人事件があった。京都の放火で36人が亡くなり、まだ入院中の被害者もいる。加害者も火傷をし、昨日、半年強の加療ののち、まだ歩けないが逮捕され、取調べをうけている。

もう、フーダニット、ハウダニットはわかっている。

しかしワイダニット。なぜかは分からない。その動機を解明したところで常識的な意味で理解できるかどうかは分からない。もちろん遺族被害者にも腑に落ちることもないだろう。

それでもなお、加害者自らが裁判も通じ理由を語ってこそ事件は新たな姿を示す。そしてこの大量殺人の記録と判例は残る。

 

このような加害者を医療従事者が懸命に看病をし、しゃべれるようになるまで回復させたことに異論がある人もいるかもしれない。

だけれども加害者が償えるかどうか、何故かが理解できるかはさておき、当事者が語ることでこの事件が何だったのか少しでも記録が深く残り、考えられ、事件の全貌も、たとえ加害者側からのものだとしても、わかる。

 

誰のためでもないかもしれないが、陰惨な事件のワイダニットは後学のためにもそして、事件が風化されないためにも。加害者自身によって語られねばならない。

 

わたし自身この事件は、無論カポーティほどではないにせよ、未だに傷になっている。

 

少しでも事件が加害者によってWhy?を語られることによって、故人の犠牲が後に残る。このために医療従事者は努力してきたのだと思う。

遺族や関係者の計り知れない痛みはわからないが、わたしはこの医療者たちに感謝したい。

トウキョーの果て

昔、フィツジェラルドがビルに登って「なんだニューヨークに果てがあるじゃないか」とかエッセイに書いてた。

行政の境の移動自粛と言われましても、荻窪辺りに行くと、高いビルはないなぁと思うし、練馬でもさいたまのデカいマンションが見えたりする。

東京の境なんて限りなく曖昧でネズミーでも、空港でも、町田!?でもなんだかかんだかどこまでが東京の生活圏なのかさっぱり分からない。だから隣接して生活圏や仕事圏が東京だという人は電車や道が通っていれば東京かも知れないし、郊外って言えばざっくり国道16号線なのか、環状線なのか。首都高なのか。さっぱりと東京の果てはない。

そんなことだからトーキョーってきっと概念に過ぎないけどSARS-COV2は人で伝搬するので、東京に依拠して生活する人にとってはその導線そのものが感染経路なのでクラスターと言われて夜のお店と言われても実にピンとこない。

トーキョーではあるが多摩の場末の熟女クラブはきっとクラスターにならないし、閑散とした幹線のカラオケ屋はクラスターにならない「可能性が高い」と思う。

トーキョーとかの大都市が無限に増殖する概念と、ある職種や場所が感染に縛りつけられたり、反対に広い意味でのトーキョー基準で行動を制限されることはまるで全国放送のテレビ番組でもやたらと都市の話しかしないように蝕んでいくもう一つの病のようにきっと果てがないのだと、ウイルスに教えてもらったりする。

ニューノーマル(和名新しい生活様式)について

これについては思うところが多い。

 

元々の日本の伝統経済の意味不明の仕事しかた、非正規、パワハラまがいの業務遂行、そして、行動変容を変えられない人への目線が全くない。

 

わたしは政府が中心でダメでないしても、ある程度の社会成層に語りかけられ、実践できるものでないと絵に描いた餅だと思う。ビジョンが大きすぎることなく、多くの人に実行可能なこと。

それにはもちろん、補償、経済の維持、今後の見通し、難しい。

 

だからこそ、様々な人がいることをせめて理解して発表してほしいのだった。