工場長の考えてること

工場長の考えてることを脳みそ直だしです。

誰がためのワイダニット

ミステリー推理小説にはワイダニット、フーダニット、ハウダニット、という言葉がある。Why done it? Who done it? How done it?

それぞれなぜ?誰が?どのように犯行に及んだのか。という意味だ。

 

トゥルーマンカポーティはミステリ作家ではないが悲惨な実際の殺人『冷血』で加害者、被害者を取材し、期せずしてノンフィクションノベルの最初の小説家となった。加害者の境遇に思いを寄せたらしく、この本はよく売れたがその後長編が書けなくなった。

 

昨年の夏、ひどい殺人事件があった。京都の放火で36人が亡くなり、まだ入院中の被害者もいる。加害者も火傷をし、昨日、半年強の加療ののち、まだ歩けないが逮捕され、取調べをうけている。

もう、フーダニット、ハウダニットはわかっている。

しかしワイダニット。なぜかは分からない。その動機を解明したところで常識的な意味で理解できるかどうかは分からない。もちろん遺族被害者にも腑に落ちることもないだろう。

それでもなお、加害者自らが裁判も通じ理由を語ってこそ事件は新たな姿を示す。そしてこの大量殺人の記録と判例は残る。

 

このような加害者を医療従事者が懸命に看病をし、しゃべれるようになるまで回復させたことに異論がある人もいるかもしれない。

だけれども加害者が償えるかどうか、何故かが理解できるかはさておき、当事者が語ることでこの事件が何だったのか少しでも記録が深く残り、考えられ、事件の全貌も、たとえ加害者側からのものだとしても、わかる。

 

誰のためでもないかもしれないが、陰惨な事件のワイダニットは後学のためにもそして、事件が風化されないためにも。加害者自身によって語られねばならない。

 

わたし自身この事件は、無論カポーティほどではないにせよ、未だに傷になっている。

 

少しでも事件が加害者によってWhy?を語られることによって、故人の犠牲が後に残る。このために医療従事者は努力してきたのだと思う。

遺族や関係者の計り知れない痛みはわからないが、わたしはこの医療者たちに感謝したい。

トウキョーの果て

昔、フィツジェラルドがビルに登って「なんだニューヨークに果てがあるじゃないか」とかエッセイに書いてた。

行政の境の移動自粛と言われましても、荻窪辺りに行くと、高いビルはないなぁと思うし、練馬でもさいたまのデカいマンションが見えたりする。

東京の境なんて限りなく曖昧でネズミーでも、空港でも、町田!?でもなんだかかんだかどこまでが東京の生活圏なのかさっぱり分からない。だから隣接して生活圏や仕事圏が東京だという人は電車や道が通っていれば東京かも知れないし、郊外って言えばざっくり国道16号線なのか、環状線なのか。首都高なのか。さっぱりと東京の果てはない。

そんなことだからトーキョーってきっと概念に過ぎないけどSARS-COV2は人で伝搬するので、東京に依拠して生活する人にとってはその導線そのものが感染経路なのでクラスターと言われて夜のお店と言われても実にピンとこない。

トーキョーではあるが多摩の場末の熟女クラブはきっとクラスターにならないし、閑散とした幹線のカラオケ屋はクラスターにならない「可能性が高い」と思う。

トーキョーとかの大都市が無限に増殖する概念と、ある職種や場所が感染に縛りつけられたり、反対に広い意味でのトーキョー基準で行動を制限されることはまるで全国放送のテレビ番組でもやたらと都市の話しかしないように蝕んでいくもう一つの病のようにきっと果てがないのだと、ウイルスに教えてもらったりする。

ニューノーマル(和名新しい生活様式)について

これについては思うところが多い。

 

元々の日本の伝統経済の意味不明の仕事しかた、非正規、パワハラまがいの業務遂行、そして、行動変容を変えられない人への目線が全くない。

 

わたしは政府が中心でダメでないしても、ある程度の社会成層に語りかけられ、実践できるものでないと絵に描いた餅だと思う。ビジョンが大きすぎることなく、多くの人に実行可能なこと。

それにはもちろん、補償、経済の維持、今後の見通し、難しい。

 

だからこそ、様々な人がいることをせめて理解して発表してほしいのだった。

今こそ社会学群の活用を

社会学学群社会心理学、社会行動学、他漏れてるけど、社会情報学、あらゆる社会を見てきて、疫学、感染学には触れられないまでも、購買、外出行動に対して、知見を何らかの形で行政に反映する時が来たと思う。

感染症対策チームに忙しいとは思うが、これらを活用してほしい。

行動変容への道は社会学群、心理学群の仕事だと思う。

そして、これらの研究者は今行動してる人の支えになってほしい。

きっとそれは少しは役立つと思う。

公共について考えていた

自宅勤務が結構な期間になった。

 

我があばら居は東京にあって、東京では2020年の4月8日から蟄居要請がでた。言葉を変えると緊急事態宣言である。

 

しかしまぁ、チグハグな土日は出るなよ出るなよ。とか会社生活は、大都市部だと出来るだけ家で仕事しろとか、日々更新されていくわけだが何ともまぁ歯切れが悪い。

 

わたし自身は公共を思う心がある人間かどうか微妙である。

社会問題やその参加、ドネーションには躊躇しないし極力やる。だけどこの国の公共心は何だか道徳みたいな気がして、自身のモラルと合わないところがある。

 

今回はたちの悪い流行り病が自身が加害者にも被害者にもなり得るので、利他的であり、利己的な理由で家にいる。

そしてまたどうしても外で活動しなければならない医療、インフラ、小売の方々を思えば、我が良心に照らして家を選んでる。ただそれだけだ。

 

多くの人ががみえている、みている公共、社会は位置によって環境によって違うだろう。

 

うすらぼんやりと、大声の団結や社会のため、あ「みんな」のため、と言う圧のある公共と言うものに小首を傾げ、根源的に考えなきゃいけない、と思いながら今日もMacに向かって仕事をしている。

 

 

なぜ余は自家製マスクに挑んでいるか

しょっぱい話である。

 

まだ我が家には普通のマスクがある。あるが。そんなに沢山はない。その他に繰り返し使えるポリウレタン製のマスク(黒)がある。

 

が、いくつかお仕事に行くと、だ。マスクがマナーになっている。お取引ある会社の社員はリモートになっているが出社時はマスク着用のこと。だそうである。

 

もはや2020年の4月初めの日本ではマスクはドレスコード。してない人信じられなーい。

という状況らしいと、先週、今週、思い知った。

 

んだが、COVID19の収束よりは早いかもしれないがマスクがふんだんに手に入る日は不明である。世界的に不足してるし、先なぞみえぬ。

 

というつまらない理由で通常の買い物、外出時は、手製マスクが必要と判断した。つまんねー話だがまともなマスクはオフィシャル用である。しかしながら、それすら尽きたら自家製しかないだろう。それでも、もし自身が知らぬうちに保菌者になった場合、人様にうつすよりマシだ。これはつまらなくない。人さまの生死をかけたくない。

 

現在の自家製マスクの要件定義は以下のようなものである。

 

・使い捨てであること

・出来るだけ手に入りやすい部材(不織布、空気清浄機フィルタなどなど)で作れること

・飛沫防止、顔面密着などの機能は有していること

・製作時間が短いこと

・装着の不愉快感がないこと

・息苦しくないこと

 

が要件だが、その一方でわたしには手芸の特技もなければ、その道具もない。そこで以下は捨てることにした。

 

・見た目(と言っても不審なほどではないように)

・完璧な機能性(だって無理だもん)

・必要以上の作り込み

 

こんなしょっぱい理由で作り始めたが、大体の目処はつき、現在はブラッシュアップに入っている。

出来たら公開するね。

あ、下が試作の二つです。

f:id:iinalabkojocho:20200404082853j:image
f:id:iinalabkojocho:20200404082846j:image

 

 

 

COVID-19関連で日本では使われない語

日本では3つの密。

(1)換気の悪い密閉空間(2)多数が集まる密集場所(3)間近で会話する密接場面

が、取り上げられているが他国のニュースを見ていると他の単語も使われているので記す。

 

◆社会的距離(ソーシャルディスタンス)

ウイルスの飛ぶ飛沫は約2mと言われている。なのでこれぐらいの距離を離れること。

 

ホットスポット

クラスター(集団感染)が発生した場所。または、発生が頻繁に発生したところ

 

逆に言われて久しいがオーバーシュート(感染爆発)は英語圏では使われてないようだ。

またロックダウンを都市封鎖と日本語では紹介しているが、基本的には外出禁止、または制限が正しい。

 

4.3は手作りマスクを作っていた。出来たらレシピを公開する。

あと30万円の支給とか出てきたが、今のところ日本政府のグランドデザインの対策は不明だった。先週に引き続き、今週末東京は土日外出しないでください要請。